12/13 日曜。曇り・晴れ。


起きて玄関を掃除してから、

門の外に出て路地の落ち葉を掃き集める。

まだ暗い。

寒くてしばらくサボっていたので、

20リットルのゴミ袋一杯になる。

とても清々しい気分。


朝 食パン。梅干し。茹で卵。

昨日から<高匠>の食パンを食べている。

冷凍したものをトースターで焼く。

齧るとトロッとして美味しいが、

カミさんには合わないようだ。


7時前カミさんは実家へ。

テレビを見ながら執筆。


10時前に<セブンイレブン>でちょとい買い物。


昼 人参塩揉み。白菜漬け。笹かま。お好み焼き。塩辛。ミートソース。ビール。白ワイン。


小松政夫の動画を見ながら思ったことは、

志村けんは小松政夫の芸から学んで、

より多くの子どもにもウケるようにリズムをつけ、

下品にして提供したこと。

志村けんの師匠はいかりや長介だけど、

ネタを(自ら)さらったのは小松政夫ということ。

これは噺家によくあることで、

師匠は小さんだけど、

この噺は志ん朝につけてもらった、

この話は文楽のビデオを見てさらったなど。

だから志村けんは植木等の孫弟子でもある。

そして「東村山音頭」は「スーダラ節」なのだ。


伊東四郎が会見して、

小松政夫の死について話している。

それを見ていて思ったことは、

今まで狂気を孕んでいたのは、

<電線マン>に扮した伊東四郎だと思っていたが、

小松政夫の前振りがあって、

<電線マン>は弾けていたのだ。

狂気を孕んでいたのは小松政夫だった。


狂気を孕んでいたのが猪木でも長州力でもなく、

じつは古舘伊知郎であったように。


16時半過ぎ、カミさん帰宅。

夕 りんごのみ。




このブログの人気の投稿